2021年8月4日水曜日

LA1600を使ったラジオ1

LA1600を使って製作中のラジオの全体図です。

①アンテナからの入力はアンテナカプラとしました。T型カプラです。中波の低い方と高い方の種類のカプラをリレー切り替えできるようにしてます。

②VFOはSi5351をAeduinoで制御したものです。

③フィルタはセラミックフィルタですが、1kHz幅と3kHz幅のものの2種類をリレー切り替  えできるようにしました。

④AF出力は2SC1815+LM386のオーソドックスなものです。

⑤BFOは455kHzのセラロックを使用して、ON/OFFできるようにしました。(OFFの時はAM受信、ONの時はSSB受信)

⑥SメータはLA1600の9番端子からとり、2SC1815で増幅させてからメータにつなげてます。

全体の構成は以下の図です。次回は各部の説明をする予定です。

 



2021年8月1日日曜日

LA1600を使った中波用ラジオ

 LA1600を使った中波用ラジオです。VFOは以前作ったArduino+SI5351です。

こつこつ、各部分を制作してましたが、ようやく音が出るようになりました。あとはケースに入れてですが、なかなか合うケースが見つかってないです。

以下の動画は1044kHzの中国国際放送の受信音です。

このラジオの詳細は(気が向いたら)記載する予定です。



2021年6月19日土曜日

6/14の早朝中波  828kHzの不明英語局

6/14の3:30頃828kHzで不明英語局が聞こえてました。オーストラリアならよいですけど。。。

2021年5月28日金曜日

2021年5月24日の早朝中波

 3時頃1332kHzで不明英語局が聞こえてました。フィリピンの雰囲気ではないし、かかった曲もビリージョエルとかの懐かしめが聞こえました。オーストラリアだったらうれしいですが。。

2021年5月23日日曜日

SI5351のVFO

 arduinoとSI5351を使ったVFOを作ってみました。これまでVFOは苦手意識があり、敬遠してましたが、トライしてみました。

と言っても一から作れる訳がないので、ここ を参考(丸写し)しました。arduinoのスケッチも初めてで、ヘッダファイルの取り込みが当初よくわかりませんでしたが、ネットの情報で何とか動作確認できました。

ディスプレイが思っていたよりも小さかったですが、これで受信機を作ってみようと考えてます。

2021年4月4日日曜日

プリセレクタの製作

プリセレクタを作ってみました。 左がコイルとバリコンを2連で直列でつないだものです。右はΠ型のカプラのものです。(これをプリセレクタと呼んで良いモノか?ですが。。。) 左の直列同調のものはMFJ-956(MFJ-956は1連です。)でもこの形式で、他の製品でも結構使われているようです。 
 で、比較してみました。 左のものは、WinRadioの帯域でみると、関係ないところで、不要共振が出ているようです。一方右のカプラ型はこのような不要な共振はなく素直の特性です。 
左のものもケースに入れたりすると良くなるとは思いますが、コイル、バリコンともにアースされないので不安定な気がします。 
ということで右側のものを採用する予定です。












↓左が上写真の左の回路図(略図)、右が上写真の右の回路図

2021年3月22日月曜日

3/22の早朝中波

3/22の早朝中波は585kHzのR.Pakistanが4:00頃聞こえてました。↓国歌のところです。